Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//4月の担当医表

ブログ

4月の担当医表

3月に入り、狂犬病予防接種の年度切り替わりを迎えました。
狂犬病は現在、日本での犬猫等の発生報告はありませんが、世界各地で蔓延しているウイルス性の怖い病気です。
狂犬病に罹患した犬やアライグマに噛まれて狂犬病を発症してしまうと致死的であるため、人を守るため法律で飼養犬への接種が義務付けられております(昨年もフィリピンで罹患犬に咬まれた旅行者が、日本に帰国後発症、亡くなっています)。
人だけでなくワンちゃん・猫ちゃんも罹ってしまったら助けてあげることはできません。
法律で定められているからだけでなく、お家のワンちゃん自身のためにも予防接種は受けてくださいね。

なお、狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種の際には、接種後にアナフィラキシーショック等アレルギー症状が出ることがありますので、午前中の来院をお勧めしております。
どうしても午後にしか来院できないという場合でも、なるべく早い時間にお越しください。

4月の担当医表(PDFファイル)

ブログ一覧